ご挨拶

‘健康で美しい人は四季の暮らしを知っている’

 

日本は四季がある美しい国です。

春・夏・秋・冬、それぞれ鮮やかな風景や、旬の食べ物などの恵みを私たちに与えてくれます。

季節の風物詩や祭り、行事、しきたりなども、私達に季節を意識させてくれる日本の大切な伝統文化です。

 

季節を丁寧に生きること、自然に寄り添う、自然の法則に従って生活することこそが、健やかに暮らす秘訣であると先人達は教えてくれています。

 

中国最古の医学書に‘天人(てんじん)合一(ごういつ)’という言葉があります。

自然も人も成り立ちは一緒であるという意味です。

人間も自然の一部なので、四季の変化の影響を強く受けています。

 

便利になった今、効率のよい生活を手に入れたものの、自然と触れ合う機会は減少し、その恵みに対しての感謝も薄れ、さらに季節を無視した生活で体の不調のある方が増えているように思います。

薄れつつある日本の素晴らしさを次世代に伝えるために、四季をテーマに学ぶ場所にしたいと思い日本四季大学を立ち上げました。

 

まずは日本の食材を使った四季の薬膳を提案していきますが、いずれは、日本の四季の生活に関わること、伝統文化なども学べ体験できるようにしていきたいと考えています。

 

皆様のご指導、ご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

日本四季大学校

原田栄利子

プロフィール

 

日本四季大学校 主宰|原田 栄利子

 

看護師として医療現場での経験により、病気になる前(未病)の養生の大切さに気づき、西洋医学だけではなく中医学を学ぶ。 

国際中医薬膳管理師,国際中医師の資格を取得後、講師として薬膳や経絡美容を教える中で、季節感のある、自然に沿った 生活こそが健康のために大切であることを痛感し、現在は、日本の四季を理解し季節ごとの食事や養生を指導できる人材の 育成に向け活動している。

 

【所有資格】

正看護師

国際中医師

国際中医薬膳管理師

中医美容整体師

中医美容セラピスト

ハーバルセラピスト

野菜ソムリエ


産経新聞、夕刊に掲載頂きました。

 

日々四季を頂くことで心身の健康を取り戻すことを目指しての活動を、、とても分かりやすく記事に紹介していただきました。